ミャンマー・ヤンゴンでの生活事情|生活費・買い物場所・基礎知識などまとめて紹介

生活基本 生活基本 2019年03月16日


ミャンマー・ヤンゴンでの生活事情|生活費・買い物場所・基礎知識などまとめて紹介,生活基本

ミャンマー・ヤンゴンに移住して初めて新生活を始める予定の方の中には、「何を準備して良いのか分からない」「部屋探しはどうすれば良いの?」「生活費はいくらぐらいかかる?」など、不安や疑問がたくさんの方も多いのではないでしょうか? 今回はミャンマーに移住する前に知っておきたい基礎知識をまとめて紹介します!

情報提供:石川商事

 

 

気候

 

ヤンゴンの6月〜8月はサイクロンの直撃を受けることもあり、また乾季には日中に外に出られないほどの暑さにもなります。年間を通じて日本の夏服のような服装で大丈夫ですが、日焼けや脱水症状には気をつける必要があります。
 


 

 

住居

 

ミャンマーでの賃貸契約期間は、最低1年が一般的です(サービスアパートを除きます)。また、家賃は毎月の支払いではなく、契約期間の家賃総額を前払いするのが基本です。そのため、仲介料金を含めると1度に13ヶ月分の家賃の支払いが必要になってきます。
 

ミャンマーでお部屋探しなら石川商事がおすすめ

ミャンマーで物件探しをしている方は、石川商事にご相談ください!! ヤンゴン、マンダレー、ネピドーなどの都市だけでなく、地方物件も扱っています。

また、オフィスビルや土地などの情報も豊富に取り備えているので、お探しの物件や土地情報を必ず見つけることができます!!

▶石川商事に相談してみる

 

 

公共料金


■電気代

単身の場合、電気代は月平均2万Ks〜3万Ks(約1700〜2500円)ほどです。請求書は1ヶ月に1回、電力会社から届きます。支払い方法は電力会社の窓口か銀行振込が一般的です。

コンドミニアムの場合、管理人に1000Ks(約72円)ほど支払って、代行支払いをしてもらうことが一般的です。また、サービスアパートの場合は電気代は家賃に込みになっていることが一般的です。


■水道代

単身の場合、月1000Ks〜2000Ks(約72円〜160円)ほどです。請求書は月1回(時には3ヶ月に1回)のペースでYCDC(ヤンゴン市開発委員会)から届きます。支払方法は、請求書を届けに来た集金人に支払うか、YCDCの各タウンシップのオフィスにての支払います。また、サービスアパートの場合は家賃に込みになっていることが一般的です。

 

■ガス

キッチンコンロは、電熱式の物件とガス式の物件の2つのタイプがあります。ガスタンクは20リットルタンクのプロパンガスが1万2000チャット(約1200円)ほどです。両輪の頻度にもよりますが、単身者の場合、2ヶ月〜半年ほど使用することが可能です。もし無くなったとしても、ガス屋に電話注文をすればすぐに配達してくれます。

 

■電話代

ミャンマーの固定電話はあまり普及しておらず、回線工事にも時間とお金がかかる為、家庭ではSIMカードを用いたスマートフォンのみの使用が一般的です。SIMカードはショッピングモールだけでなく、コンビニや露店など街のいたるところで購入することができます。

 

 

■インターネット

サービスアパートの場合は館内の無料Wifiに接続するのが一般的です。コンドミニアムや一戸建ての場合は、オーナーが加入費を支払い、毎月の料金を入居者が支払うケースが多数です。ミャンマーのプロバイダは以下の三社があり、タウンシップによって加入できるプロバイダが変わります。

Fortune
Myanmar Net
Yadanarpon


【Fortuneの料金の例】

-1MB 7万5000Ks(約5500円)
-2MB 12万5000Ks(約9000円)
-4MB 23万Ks(約1万7000円)
-6MB 35万Ks(約2万5000円)
-8MB 46万Ks(約3万3000円)

申し込み手続き後、開通するまで1〜2週間ほどかかります。支払方法は銀行振込が一般的です。

 

■衛生・ケーブルTV放送

SKYNETというケーブルTVに加入する場合、月々の視聴料は1万5000Ks(約1000円)〜で日本の番組を視聴することができます。サービスアパートの場合、賃料に含まれていることが一般的です。また、インターネットによる日本の民放TVサービスは、1ヶ月50ドルほど(3社ほど業者あり)です。

 

 

交通手段

 

ヤンゴン市内の主な交通機関はタクシーとバスです。タクシーはメーターはなく交渉制ですが、近年は配車アプリ「Grab」が普及しているので、また、ヤンゴン市内はバイクの走行が禁止されているため、バイクタクシーはありません。

 

 

 

 ショッピング

 

■スーパーマーケット

  • City Mart (市内各地に多数のチェーン店)
  • Aeon orange(イオングループ。Topvalu商品も販売)
  • Ocean(老舗スーパー)

 

■ヤンゴン市内の代表的ショッピングモール

 

 

 

  • 北部エリア
    – Junction 8
    – North Poing Mall (Ocean)

 

 

病院

 

 

 

学校・幼稚園

 

  • ヤンゴン日本人学校
    在ミャンマー日本国大使館付属 ヤンゴン日本人学校。昭和39年設立。バンコクに次ぎ、世界で2番目に古い歴史を持つ日本人学校。
    平成29年現在、幼稚部、小学部、中学部合わせて生徒数およそ200名。
  • International School Yangon
     

 

 

生活情報知るならPOSTE


ヤンゴン生活情報サイト「POSTE」の公式ラインでは生活に欠かせない現地ニュースを毎日夕方に配信しています。また、日系ホテルの和朝食無料試食会や空港ラウンジ無料利用券など、POSTEのライン利用者限定のお得な情報も満載なので、ヤンゴンへ移り住む予定の方は登録必須です!!

 POSTEラインに登録してヤンゴンの情報をゲットする

関連記事

Poste Myanmar LinePoste Myanmar Line
POSTE LINE