ヤンゴンのおすすめランチは?? 日本食からおしゃれなレストランまで

グルメ グルメ 2019年10月05日


ヤンゴンのおすすめランチは?? 日本食からおしゃれなレストランまで,グルメ

ヤンゴンでランチを行くならどこがいいのでしょうか? ヤンゴンには日本食や韓国料理、フレンチ、シャン料理とお店などさまざまです。今回は厳選したランチにおすすめのお店を地区別に紹介します。

 

 

カマーユ

 

一風堂(IPPUDO)

日本で多店舗を展開しているラーメンチェーン店「一風堂(IPPUDO)」はカマーユ地区のジャンクションスクエア横に店舗を構えています。「一風堂」では、白丸が7900チャット(約560円)、赤丸が8900チャット(約630円)、からか麺が8900チャット(約630円)など味を選ぶことができ、日本の一風堂と変わらない味を楽しむことができます。その他にも、唐揚げや餃子などのサイドメニューも充実しています。連日のランチタイム時には多くのお客さんが訪れています。
 

詳細情報

 

ブルコギ ブラザーズ(Bulgogi Brothers)

「ブルコギ ブラザーズ(Bulgogi Brothers)」は、カマーユ地区に店舗を構える韓国料理屋です。「ブルコギ ブラザーズ」では、焼肉が7900チャット(約560円)〜、ステーキが21900チャット(約1540円)、ビビンバが5900チャット(約420円)〜、シーフード鍋が6900チャット(約490円)〜などサイドメニューも豊富に揃っています。お弁当のデリバリーもおこなっているため、ランチタイムにオフィスや自宅で韓国料理を楽しむこともできます。

 

詳細情報

 

 

ヤンキン

 

松太郎(MATSUTARO)

「松太郎(MATSUTARO)」では、煮魚の定食が7000チャット(約490円)、焼き鳥2本が3500チャット(約250円)〜、唐揚げが3300チャット(約240円)、牛タンが1万チャット(約700円)などメニューが豊富でお好みの日本食を食べることができます。日本の食材や調味料を使用し、どこか懐かしく思わず嬉しくなるお食事を楽しむことができます。友人や家族、1人でもおすすめのお店です。また、デリバリーサービスやテイクアウトも行なっているため、オフィスやご自宅での昼食にもぴったりです。

 

詳細情報

 

へーダウ コリアン レストラン(Haeundae Korean Restaurant)

「へーダウ コリアン レストラン(Haeundae Korean Restaurant)」は、ヤンキン地区に店舗を構える、ヤンゴンで大人気の韓国料理屋です。「へーダウ コリアン レストラン」では、お肉が10ドル(約1080円)〜、韓国冷麺が5ドル(約540円)〜、海鮮鍋が25ドル(約2700円)〜とメニューも豊富です。韓国から直輸入された鮮魚や貝を水槽で養殖しておりリーズナブルな価格で新鮮な韓国料理が食べられると日本人、本場の韓国人からも大人気です。

 

詳細情報

 

チョ ジャパニーズ ダイニング & バー(CHO JAPANESE DINING & BAR)

「チョ ジャパニーズ ダイニング & バー(CHO JAPANESE DINING & BAR)」は、セドナホテル1階にある、高級和食料理店・バーです。「CHO JAPANESE DINING & BAR」では、松坂牛が149800チャット(約1万500円)や芝浦市場直送の和牛の鉄板焼きが31800チャット(約2400円)〜、豊洲市場直送の新鮮な魚介を活かした刺身が8000チャット(約560円)〜、お寿司が8600チャット(約610円)〜、などが用意されています。その他にもリーズナブルなランチセットメニューが17800チャット(約1300円)など、厳選したミャンマーの食材を使用したメニューなど豊富に用意されています。


詳細情報

 

ソラボル(Sorabol)

「ソラボル レストラン(Sorabol Restaurant)」はヤンキン地区のミャンマープラザ内に店舗を構える韓国料理屋です。 本格的な韓国料理が気軽に楽しめると日本人やミャンマー人だけでなく、本場の韓国人からも人気があります。豆腐チゲが5.5ドル(約600円)、海鮮鍋が48ドル(約5200円)、牛サムギョプサル焼きが18ドル(約2000円)、白ネギサラダやデザートなど本場の韓国料理人が作る料理は格別です。また、料理についてくるキムチや小鉢もボリューム満点で大人気です。

 

詳細情報

 

 

サンチャウン

 

ソラボル コリアン レストラン(Sorabol Korean Restaurant)

「Sorabol Restaurant」はサウンチャウン地区に店舗を構える韓国料理屋です。 本格的な韓国料理が気軽に楽しめると日本人やミャンマー人だけでなく、本場の韓国人からも人気があります。豆腐チゲが5.5ドル(約600円)、海鮮鍋が48ドル(約5200円)、牛サムギョプサル焼きが18ドル(約2000円)、白ネギサラダやデザートなど本場の韓国料理人が作る料理は格別です。また、料理についてくるキムチや小鉢もボリューム満点で大人気です。

 

詳細情報

ハウス・オブ・メモリーズ(House of Memories)

「ハウス・オブ・メモリーズ(House of Memories)」は、アウサン将軍の自宅洋館をレストランにしています。店内は英国風の洋館で高級感が漂っています。「ハウス・オブ・メモリーズ」では、ポークカレーを9000チャット(約640円)、ベビーコーンと空心菜のガーリック炒めを2000チャット(約140円)トマトサラダを4000チャット(約290円)、豆のスープを1000チャット(約100円)などメニューはさまざまです。ちょっとした贅沢や大切な人との特別な昼食にぴったりです。

 

詳細情報

POSTE LINE