ヤンゴンで温泉に入るなら東屋ホテル! 在住者に人気の秘訣を紹介

耳寄り情報 耳寄り情報 2019年07月05日


ヤンゴンで温泉に入るなら東屋ホテル! 在住者に人気の秘訣を紹介

ヤンゴンの東屋ホテルに露天風呂があるって知っていますか?? 東屋ホテルはシュエダゴン・パゴダ近くに店舗を構える日本人出張客に大人気のビジネスホテルです。
「東屋ホテル」の露天風呂は男性限定ですが、宿泊者以外の方でも10ドルもしくは1万5000チャットで利用することができます。

営業時間は、平日は朝6:00〜10:00、17:00〜24:00、休日は朝7:00〜24:00です。

今回はそんな東屋ホテルの露天風呂に実際に入ってみました!
 

 

ビジターでの露天風呂利用方法

 

受付にて支払い&タオルの受け取り

まずは、受付で露天風呂利用希望であることを伝え、受付カウンターにて露天風呂のサービス券を発行します。

この時、バスタオル1枚と小さなタオル1枚を貸し出してくれるので、バスタオルを持参する必要はありません。受付を済ませバスタオルを受け取ったら、エレベーターに乗り、6階まであがります。

 



6階でエレベーターを降り、エレベーター横にある暖簾がかけられた扉に入ります。

 

更衣室

横スライド式の扉を開けると更衣室があります。
 


鍵付きロッカーは12個用意されています。日本の温泉と変わらないつくりですね。



ドライヤーやティッシュ、綿棒なども完備。体重計もあり、細かいところにも配慮が行き届いています。

 

鍵付きロッカーの横には無料のウォーターサーバーも設置されています。お風呂上がりは喉が渇きますよね。

 

いざ、露天風呂へ


洗い場は5つあり、シャンプー、コンディショナー、ボディソープは用意されているので、持参する必要はありません。



肝心の露天風呂の湯加減は絶妙!40〜41度前後でしょうか。広々としていて足を伸ばして入ることができ、日頃の仕事で溜まった疲れがとれていきます。。。

 

サウナや水風呂も完備


お風呂好きの方にとって欠かせないのがサウナ!サウナには砂時計や温度計も完備されています。木製湯桶に入った水を石にかけ、温度調節も可能。一度に4人〜5人ほど入ることができる広さです。



サウナで身体を温めた方は、そのまま露天風呂横に設置されている水風呂へどうぞ。血行が促進され、とても健康的です!

 

 

露天風呂に入った後は「月とワイン」で1杯!




露天風呂のすぐ横には、日本人のソムリエが運営するバー「月とワイン」があります。

グラスワインの値段は1杯3ドル(約320円)〜とリーズナブル!

 

まとめ

 

ヤンゴンには温泉がある場所は少ないですが、「東屋ホテル」には日本と変わらないクオリティの露天風呂があります。今回は露天風呂を併設した東屋ホテルを紹介しました!年中暑いヤンゴンでも、やはり開放感のある露天風呂で日頃の疲れを癒したいですよね。

一度足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと気に入りますよ♪

 

※この記事に記載されている情報は2019年7月のものです。本記事に記載されている情報は予告なしに変更される場合がございますが、ご了承ください。

 

関連記事

POSTE LINE