ヤンゴンに日系ホテル【東屋ホテル】誕生! 露天風呂・和朝食・日本語TVなど魅力を紹介

耳寄り情報 耳寄り情報 2019年12月31日


ヤンゴンに日系ホテル【東屋ホテル】誕生! 露天風呂・和朝食・日本語TVなど魅力を紹介

ベトナムとカンボジアに計10店舗以上構える、日本人出張客に大人気のビジネスホテル「東屋」がミャンマー・ヤンゴンにもオープンしました!

今回は「東屋ミャンマー」の魅力を紹介します!


 

東屋ミャンマーの8の魅力

 

魅力その1:水風呂付き露天風呂&サウナ

東屋ミャンマーの屋上には、男性専用の水風呂付き露天風呂とサウナが完備されています。

宿泊客だけでなくビジターも10ドル(約1100円)で使用することが可能です。

旅や旅行、仕事の疲れを大きな露天風呂で癒やしてください!

 

魅力その2:美味しい和朝食

白米や味噌汁、納豆に焼き魚、炒め物や煮物や揚げ物など、日本人にとって慣れ親しんだ日本食を朝からいただくことができます!

朝食はビュッフェ形式のため、気兼ねなく好きなだけ朝ごはんを堪能することができます。

また、毎日献立が違うため、1週間以上滞在される方も飽きることのないよう配慮されています。

 

魅力その3:日本語のおもてなし

東屋ホテルの受付は日本語対応が可能なので、英語が苦手な方も安心して宿泊することができます。

ホテル館内のことだけでなく、外出にあたってのタクシーの手配から観光やレストランのことまで気軽に聞くことができるので安心です♪

 

魅力その4:日本語TV視聴可能



TBS、フジ、日テレなど主要民放局にNHK総合、WOWOWなど日本のTV局の番組をオンタイムで視聴することができます。

その日のスポーツニュースや見ていた連続ドラマも録画を気にすることなく、日本と変わらぬ環境でお楽しみください!

 

魅力その5:リピート率90%超えの東屋マッサージ併設

ホテル内に併設された「東屋マッサージ」では、ベトナム支店・カンボジア支店でリピート率90%以上の人気マッサージを受けることができます。

脚から足裏をメインとし、リクライニングシートで頭から背中まで全身をくまなく施術します。

マッサージ中はスタッフが「痛くないですか?? 」「気持ちいですか?? 」と日本語で聞いてくれるため、仕事や旅行など、日々疲れ切った身体を芯からほぐしてくれます。

 

魅力その6:屋上からの景色

東屋ミャンマーはシュエダゴンパゴダのすぐ近くに位置しており、屋上の朝食会場やそのバルコニーから見る景色は絶景です。

夜は綺麗にライトアップされており、また違った良さを感じることができます。

ヤンゴン在住歴の長い方でも見たことが無いであろう、シュエダゴンパゴダの上からの姿をお楽しみください。

 

魅力その7:屋上のバー「月とワイン」

露天風呂と同じフロアには、日本人ソムリエが運営するワインバー「月とワイン」が併設されています。

ソムリエ厳選のおいしいワインや、ミャンマーで蒸留されているクラフトビールなどを飲むことができます。

また、一度食べたら病みつきになる手作りのジンジャーカレーもおすすめです。

他では見ることのできない、シュエダゴンパゴダの景色を前に、おいしいワインで贅沢な時間を過ごしてはいかがでしょうか?

 

魅力その8:1泊$50〜のリーズナブルな価格

東屋ホテルではスタンダードルーム1泊$50〜というリーズナブルな価格でサービスを提供しています。

もちろん、全部屋にシャワートイレ、日本語TV、アメニティーが付いているのでご安心ください。

※5%の税金は料金には含まれていませんので、あらかじめご了承ください。
 

予約はこちら

 

空港から東屋ミャンマーまでの行き方

 

空港から東屋ホテルまでの行き方は、

  1. 空港付近のタクシー乗車
  2. Grab利用
  3. 東屋のピックアップサービス利用

の3つの方法があります。


タクシーを利用する場合

空港付近でタクシーをつかまえて乗る場合は、住所を読み上げても伝わらない場合が多いので、Google Mapの地図をドライバーに提示してください。

空港から東屋ホテルまでの相場は6000Ks(約440円)です。

 

 

Grabを利用する場合

Grabの目的地で「Azumaya Hotel Myanmar」と検索すると東屋ミャンマーの住所が表示されます。

住所が「No.55 Old Yay Tar Shay Street, Bahan」であることを確認してから、選択してください。

 

 

東屋のピックアップサービスを利用する場合

東屋ホテルではピックアップサービスも実施しています。

料金は3人乗車可能な車が2万5000Ks、5人利用可能な車が4万Ksです。

ミャンマーを訪れるのが初めての方には特におすすめです。

 

予約はこちら

 

 

「東屋ミャンマー」詳細情報

 

 

予約はこちら

 

POSTE LINE