ミャンマー国軍:NLD元議員と活動家の死刑執行を承認

社会 社会 2022年06月06日(月)11時46分 公開


ミャンマー国軍:NLD元議員と活動家の死刑執行を承認

<写真:Unsplash>

 

3日、ミャンマー国軍のゾーミントゥン報道官は、共同通信の取材に対し、国民民主連盟(NLD)の元議員ら政治犯2人の死刑執行が承認されたと明らかにした。執行日は未定だという。

 

ベテランの民主活動家であるKyaw Min Yu氏と旧与党・国民民主連盟の議員であるPhyo Zeyar Thaw氏は、1月に反逆とテロの罪で軍事法廷から死刑を宣告されていた。

 

国連のステファン・デュジャリック報道官は、これをあからさまな人権侵害であるとし、「基本的な自由と権利の行使に関連する容疑で逮捕された人々に対する告訴の取り下げと、ミャンマーの全ての政治犯の即時解放を求めた」と述べた。

 

国軍の声明ではKyaw Min Yu氏とPhyo Zeyar Thaw氏側の訴えについては触れられておらず、2人が容疑を否定していたかどうかは不明とされている。

 

ゾーミントゥン報道官によると、判決に対する2人の訴えは却下されたというが、却下した者については明らかになっていない。

 

また、同報道官はBBCビルマ語に対し、「以前は死刑判決を受けた者は上訴することができ、決定がなされれば死刑判決は執行されなかった。今回、その訴えが却下されたため、死刑が執行されることとなった」と語った。

 

ミャンマーでは、殺人を含む重大な犯罪に対して死刑を宣告するが、この数十年間は死刑が執行されていないという。

 

 

 

関連記事

[© poste-mm.com 2018-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
POSTE LINE