拘束されていた現地カメラマンが死亡、拷問か ミャンマー

社会 社会 2021年12月15日 10時24分 公開


拘束されていた現地カメラマンが死亡、拷問か ミャンマー

<写真:Unsplash>

 

ミャンマーの治安当局が拘束していたカメラマンのソーナイン氏が死亡したことが14日に明らかになった。

 

同氏は、10日に市民が国軍に抗議の意志を示すため行った「沈黙のストライキ」を取材し、別のカメラマンとともに拘束された。

現地ジャーナリストによると、同氏は外国通信社などに撮影した写真を提供していたという。

 

これまでのところ、死因や経緯などは明らかになっていないない。

一方で、治安当局が市民らに拷問を加えているとされる拷問センターで死亡したとの報道や、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」が4日間の拘束の後、国軍による暴力で死亡したと指摘していることから、当局が拷問を加えていた可能性があるとされている。

 

2月にクーデターが発生して以来、権力を握った国軍は自らに批判的なメディアやジャーナリストを弾圧している。

国軍はデモの現場で記者を拘束したり、治安部隊が自宅を襲撃して連れ去ったりしており、これまでにアメリカ人記者やポーランド人記者、日本人記者など外国人の記者も拘束されていた。
 

 

 

関連記事

 

[© poste-mm.com 2018-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
POSTE LINE