国軍系出資のミャンマーブルワリー、倉庫で爆発事件が発生

社会 社会 2021年09月20日(月)10時45分 公開


国軍系出資のミャンマーブルワリー、倉庫で爆発事件が発生

<写真:The Irrawaddy/SNSで共有されたミャンマーブルワリーボイコットの画像>

 

16日、ミャンマーの国軍系企業が出資するビール最大手「ミャンマー・ブルワリー(MBL)」の北西部ザガイン管区モンユワ(Monywa)にある倉庫で爆発事件が発生した。

 

事件発生前、武装した民主派の組織が倉庫に爆弾を仕掛けたと予告していた。

この爆発による負傷者は出ていないという。

 

また、前日の15日には、同地域にある国軍系携帯キャリア大手「Mytel」のオフィスで爆発事件が発生していた。

14日にはモンユワにあるMytelの通信塔が全焼したとの報道も出ており、9月9日までに国内で80以上の通信塔が破壊されているという。

 

 

 

関連記事

 

[© poste-mm.com 2018-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
POSTE LINE