世界の安全な都市ランキング、ヤンゴンが最下位に

社会 社会 2021年08月30日(月)10時22分 公開


世界の安全な都市ランキング、ヤンゴンが最下位に

<写真:Unsplash>

 

イギリスの経済誌『エコノミスト(The Economist)』の調査機関である「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が、2021年度版「世界の都市安全性指数ランキング」を発表した。

このランキングで、ミャンマーが前回調査の58位から2位下がり、最下位の60位となった。

 

このランキングは、世界60都市を対象に、治安の良し悪しだけでなく、その都市の安全性について5分野76項目を100点満点で評価するもの。

 

ヤンゴンの評価を分野別に見ると、サイバーセキュリティーが28.1点(60位)、医療・健康環境の安全性が44.6点(58位)、インフラの安全性が40.5点(58位)、個人の安全性が39.2点(58位)、環境の安全性が45.3点(54位)。

総合評価は39.5点で、平均値である66.1点を大幅に下回る結果となった。

 

総合評価で東南アジア首位となったのは、シンガポールで世界3位にランクイン。

その他、クアラルンプールが32位、バンコクが43位、ホーチミンが45位、ジャカルタが46位、マニラが51位と続いた。

 

このランキングで1位にランクインしたのはコペンハーゲンで、2位にトロント、3位にシンガポール、4位にシドニー、5位に東京がランクインしている。

 

 

 

関連記事

 

[© poste-mm.com 2018-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
POSTE LINE