ミャンマーで日本人男性の死亡を確認 新型コロナに感染

社会 社会 2021年07月28日(水)09時45分 公開


ミャンマーで日本人男性の死亡を確認 新型コロナに感染

<写真:Unsplash>

 

ミャンマーに居住する日本人男性が死亡後に新型コロナウイルスに感染していたことが明らかになった。

ミャンマーで日本人の新型コロナによる死亡が確認されたのは今回が初めて。

 

24日に死亡が確認されたのは70代の男性で、その後の検査で新型コロナに感染していたことが確認されたという。

ミャンマーで新型コロナへの感染が確認された日本人は累計で約60人だという。

 

2月にクーデターが発生して以来、ミャンマーでは政治的混乱が続いており、医療機関は十分に機能していない。

そのため、感染しても入院することが難しくなっている状況だ。

 

保健当局によると、27日の新規感染者は4964人で新型コロナによる死亡者は338人。

前日の26日人は新規感染者4630人、死亡者は過去最多の396人となった。

 

国内での感染者は計27万9119人で、死者は7845人に上っている。

検査数に対する陽性率は約4割で、実際の感染者数は発表されている数よりも大幅に上回っているとみられている。

 

 

 

関連記事

 

[© poste-mm.com 2018-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
POSTE LINE