国軍、新型コロナ抑制のため来週1週間を連休に

社会 社会 2021年07月16日(金)11時43分 公開


国軍、新型コロナ抑制のため来週1週間を連休に

<写真:Unsplash>

 

14日、ミャンマー国軍は国内での新型コロナ感染を抑制するため、7月17日〜25日まで全国的なロックダウンを行い、その期間中を祝日にすることを発表した。

 

国軍支配下の保健省によると、14日、ミャンマー国内では新型コロナによる死亡者が145人確認され、2月のクーデター後に確認された1日の死亡者数の中で最多となった。

また、2万1352人から検体を採取し、そのうちの4320人から陽性が確認されたという。

 

ミャンマーでは7月21日が犠牲祭、23日がワソー満月で祝日に設定されている。

 

連休中は、住民は自宅に待機するよう要請されており、不要不急の目的や葬儀以外での外出が禁止されている。

生活必需品、医療品を販売する店舗のみが営業を許可され、外出時にはマスクを着用する必要があるという。

国軍は規定を守らなかった場合には法的措置を講じるとしている。

 

現在、ミャンマーでは5月下旬に発生した第3波の影響を受けており、国内の74の地域で自宅待機措置を講じている。

 

 

関連記事

 

[© poste-mm.com 2018-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
POSTE LINE