タイへ不法入国、ミャンマー人24人逮捕

社会 社会 2021年03月03日 11時09分 公開


タイへ不法入国、ミャンマー人24人逮捕

<写真:Bangkok Post>

 

1日、ミャンマーからタイへ集団で不法入国したとして、ミャンマー人計24人が逮捕された。

 

24人は2つのグループに分かれており、1つのグループは、12〜56歳の男性4人、女性3人のグループで、午前11時30分頃に逮捕された。

軍がパトロールをしている際、7人がサンクラブリー(Sangkhlaburi)郡のMoo 8村近くの木に隠れているところを発見したという。

 

7人は、ミャンマーから水路を通ってタイに入国し、労働のためサンクラブリー郡へ向かう途中だったという。

現在、7人は法的手続きを進めるため、サンクラブリー郡の警察へ身柄を移送されている。

 

もう1つのグループは、男性6人、女性11人の計17人のグループで、午後3時頃にMuang区Chong Khao Neepの検問所の警備隊により、Ban Kao(バンカオ)村に隠れていたところを発見された。

17人はミャンマーのダウェイから国境まで移動し、水路を通ってバンカオ村までは徒歩で10キロほど移動していたという。

また、タイへの入国については、タイ国内での労働を目的にしていたと見られている。

 

逮捕された17人は、それぞれMin Minと名乗るブローカーに対して1万1000バーツ(約3万9000円)を支払ったという。

現在、法的手続きのため、17人はMuang警察署へと身柄を移送されている。
 

 

 

関連記事

[© poste-mm.com 2018-2024 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
POSTE LINE