ミャンマー、インド製ワクチン確保へ交渉 1500人分

社会 社会 2020年12月28日 11時45分 公開


ミャンマー、インド製ワクチン確保へ交渉 1500人分

<写真:Unsplash>

 

24日、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は、インドから新型コロナウイルスのワクチン1500万人分を購入する方向でインド政府との交渉に入ったと述べた。

 

ミャンマーは12月上旬、ワクチンの公平供給を目指す枠組みである「COVAX」への参画を要望し、同国の人口20%分のワクチンを確保する方針を示していた。

一方で、第3国からの購入について、具体的な交渉内容を明らかにしたのは今回が初めてとなり、インドとの交渉分を入手することができれば合計で人口の約40%分のワクチンを確保できるという。

 

現在、ミャンマー政府が交渉を進めているのは、インドの製薬会社「セーラム・インスティテュート・オブ・インディア(SII)」が製造し、イギリスのアストラゼネカとオックスフォード大学が開発を進めているワクチンだ。

インドの現地報道によると、インド当局は同ワクチンを国内初のコロナワクチンとして近く緊急使用許可を出す見通し。

 

インドは世界のワクチン開発の製造拠点とされており、新型コロナワクチンを大量生産できる大規模な製造ラインを保有している。

そのため、安く早くワクチン製造をすることができ、世界的にみても優位な国と言える。

インド政府は2021年8月までに医療従事者や警官、兵士、ボランティア、脆弱な市民など、国内3億人にワクチン接種をする計画を進めている。

 

ミャンマーでは、医療従事者の数が11万人を超え、中でも新型コロナウイルス感染者を担当する医療関係者や、65歳以上の高齢者へのワクチン接種が優先的になるとみられている。

保健・スポーツ省の職員らは、予定通り世界的なワクチン供給が進めば、ミャンマーでは4~6月にもワクチン接種が始められるとの見方を示している。

 

アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は、国民に外出する際はマスクやフェイスシールドを着用して予防すること、新年に集会を行わないことを呼びかけている。

 

 

 

関連記事

[© poste-mm.com 2018-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
POSTE LINE