ミャンマー、2月からワクチン接種開始か、インドからワクチン購入

社会 社会 2021年01月04日(月)11時45分 公開


ミャンマー、2月からワクチン接種開始か、インドからワクチン購入

<写真:Unsplash>

 

ミャンマー政府は今年2月にも医療従事者向けにワクチンの接種を開始できるよう準備を進めているという。アウンサンスーチー国家顧問兼外相が新年のスピーチで明らかにした。

 

スーチー氏は、「インドから第1段階のワクチンを購入する契約に署名した。インド当局が承認すれば、2月にもミャンマーにワクチンが到着し、国内の医療従事者を優先して接種を開始する。」と続けた。

また、スーチー氏は医療部門への投資の促進は、国民民主連盟の最優先事項だとし、今後5年間でミャンマーは国民皆保険の導入を目指すと明らかにした。

 

医療物資の国内製造や国際病院やクリニックにおける医療サービスの提供、国内の医療技術の向上などを目指す計画だという。

 

ミャンマーは昨年12月初旬に世界保健機関(WHO)の主導する世界的なワクチン配分計画「COVAX(コバックス)」への参画を要望していた。

その後、12月下旬にはインドから新型コロナウイルスのワクチン1500万人分を購入する交渉を開始していた。

 

さらに、ミャンマー国際協力省のチョー・ティン大臣は12月下旬に在ミャンマー・インド大使と面会し、ミャンマーで新型コロナウイルスワクチンを国内製造することに関して競技を行っていた。
 

 

 

 

関連記事

[© poste-mm.com 2018-2021 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
POSTE LINE