ミャンマー、7月31日まで新型コロナ予防対策延長を発表

生活 生活 2020年06月28日


ミャンマー、7月31日まで新型コロナ予防対策延長を発表

<写真:ミャンマー外務省公式Facebook>

 

ミャンマー外務省は28日、同国で講じられている新型コロナウイルス感染予防措置を7月31日までに延長することを発表した。

 

6月30日までとされていた全ての外国人を対象にした入国制限措置を含む感染予防措置が延長されることになる。

 

  • 3月15日付で発表された中国、韓国、イタリア、イラン、フランス、スペイン、ドイツ、スイス、英国、オランダ、オーストリア、ベルギー、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、米国からの入国制限措置

 

  • 3月20日付で発表された全ての国を対象にしたアライバルビザ及びEビザ発給の暫定的な停止措置

 

  • 3月24日付で発表された全ての外国人入国者に対する陰性証明書の提示義務づけ

 

  • 3月28日付で発表された外交団、国連機関職員及び航空機・船舶乗務員を除く全てのタイプの入国ビザの発給停止、二国間合意に基づき外国人に対して認めていたビザの例外的扱いの停止

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

関連記事

POSTE LINE