ラカイン州で武力衝突、警察と民間人13人が行方不明

社会 社会 2020年05月30日


ラカイン州で武力衝突、警察と民間人13人が行方不明

ミャンマーで当局と武装勢力の戦闘が続くラカイン州で、アラカン軍(AA)が警察の前哨基地を襲撃し、警察と民間人合わせて13人が行方不明となった。

 

 

ミャンマー国軍のZaw Min Tun准将によると、アラカン軍が未明にRathedaung郡区Tha Zin Mying村にある警察の前哨基地を襲撃したという。

 

アラカン軍の兵士100人が武器を使い、複数の警察官が滞在していた警察の前哨基地を午前2時頃に襲撃したとされている。

その後、午前5時頃に警察は前哨基地を放棄し、その場から逃げたという。

 

Zaw Min Tun准将は「アラカン軍は現地の村にセキュリティサービスを展開している警察を襲撃するという戦争犯罪を犯した。」と主張している。

一方、アラカン軍のKhaing Thu Kha報道官は今回の攻撃について、5月24日にミャンマー国軍がチン州Paletwa郡区で民族武装組織を襲撃し、アラカン軍の兵士が死亡したことに対する報復だと主張している。

Khaing Thu Kha報道官は「我々の夢はミャンマー軍をラカイン州から完全に撤退させることだ」と話した。

 

 

 

※この記事は各ニュースソースを参考に編集・制作しています。

 

関連記事

POSTE LINE