労働大臣:労働者の抗議活動は法律違反の場合のみ処罰

政治・経済 政治・経済 2019年09月06日


労働大臣:労働者の抗議活動は法律違反の場合のみ処罰

ミャンマーの労働大臣は労働者は抗議を行ったこと自体ではなく、抗議中に国の法律を犯したため、処罰されると話した。
 

 

月曜日、労働・移民・人口問題省のU Thein Swe大臣は「労働者によって様々な活動が行われているが、デモ活動ではなく不平不満を世に暴露するためのものだ」と労働者との会議中に述べた。

 

同氏は「一部の労働団体や抗議者らが法律を犯した際には措置が講じられる」と述べた。

 

U Thein Swe大臣によって出された声明文は、 国際労働事務所によって出された「ミャンマーの労働者は政府によって罰せられている」という旨の声明文を受けて出されたものだった。

 

また、大臣は労働法において労働者が抗議活動を行うことは認められているが、仕事場以外で抗議活動を行う場合、和的行進の権利(Right of Peaceful Assembly and Peaceful Procession)法に従うべきであると述べた。


 

また、同氏は職場外で抗議活動をする者は法律違反で起訴されるべきである上、強制労働者を無くすために政府が働きかけるべきであると述べた。
 

 

出典:mmtimes

POSTE LINE