モンスーンによる死亡者、91人にのぼる

生活 生活 2019年09月05日


モンスーンによる死亡者、91人にのぼる

9月4日(水)に災害管理局によって発表された情報によると、6月25日にできたモンスーンによる強風、大雨、鉄砲水、地すべりの影響により91人が死亡、65人が負傷したという。
 

 

同局によると、今年は2万人以上が洪水の影響により避難を余儀なくされたという。
 

 

タニンダーリ、カイン、バゴー、マンダレー、マグウェ、ネピドーの一部の地域の救護センターにはまだ避難している人がいるが、ほとんどの救助センターは現在閉鎖しているという。
 

 

気象水文局は国民に対し、自然災害が発生した場合は安全確保のために気象情報に耳を傾けるように求めた。

 

アンダマン海とベンガル湾上が低気圧地域ということもあり、モンスーンの勢力はまだ衰えてはおらず、ベトナムに台風14号「カジキ」として上陸した。

 

気象水文局のU Kyaw Moe Oo局長は「もっと雨が降るだろう」と述べた。
 

 

沿岸部は時折スコールや荒波の被害にも遭っている。台風の地上風速は時速64km、波の高さは3メートルに及ぶ。
 

 

出典:mmtimes

POSTE LINE