韓国・文大統領、ヤンゴンの北朝鮮テロ犠牲者を追悼

社会 社会 2019年09月05日


韓国・文大統領、ヤンゴンの北朝鮮テロ犠牲者を追悼

ミャンマーを公式訪問中の韓国の文在寅大統領は、1983年にヤンゴン発生した北朝鮮によるば爆破テロの犠牲者に対して追悼の意を表した。

 

9月4日(水)、文大統領はヤンゴン市内のアウンサン国立墓地にあるアウン・サン廟を訪れ、当時のチョン・ドゥファン.大統領一行の暗殺を狙って殺害された閣僚ら17名を追悼した。

 

韓国大統領による2014年に設立された記念碑への訪問は初めてのことだ。

 

記念碑を訪問する前、文大統領は経済協力産業団地の起工式に出席した。

 

文大統領は、過去数十年にわたって韓国が経験した迅速な経済成長をミャンマーで実現するにあたって、経済協力産業団地は重要な役割を果たすだろうと述べた。

 

経済協力産業団地は2024年に完成予定で、韓国のミャンマー市場進出の足がかりとなるように設計されている。

 

ミャンマー政府は200万平方メートルの土地を提供しており、韓国土地住宅公社とグローバルSae-A社が共同出資を行っている。
 

 

出典:http://world.kbs.co.kr

POSTE LINE