ミャンマー ボビナム代表、世界選手権に出場へ

生活 生活 2019年09月04日


ミャンマー ボビナム代表、世界選手権に出場へ

ミャンマー代表チームは12月16日~22日にカンボジア・プノンペンのオリンピックスタジアムで開催される「世界ボビナム選手権2019」に参加予定だ。

 

9月5日~6日、ミャンマーの代表メンバーがヤンゴンで選出される予定だ。

 

ボビナムはベトナム発祥の総合武術だ。


「トーナメントのためのチーム選択をするが、まだファイナリストを決定していない。トーナメントは世界レベルであるため、チーム作りは体系的に行うと共に、良い結果を得るために最善策をつくす予定だ」とミャンマーボビナム連盟のU Salai Ha Htang氏は述べた。

 

連盟によると、ミャンマーチームは連盟によって承認されたトーナメントで、10にカテゴリー分けされた計44のトーナメントで試合にのぞむという。メンバー選出後、選手らはネピドーでトレーニングを行う予定だ。

 

2017年、ミャンマーはインドで開催された世界ボビナム選手権において、金メダル2個、銀メダル1個、銅メダル9個を獲得し、チャンピオンシップでは9位に輝いた。

 

出典:The Myanmar Times

POSTE LINE