ネピドーの女児強姦事件、数千人が抗議

政治・経済 政治・経済 2019年07月10日


ネピドーの女児強姦事件、数千人が抗議

ネピドーの保育園で発生した女児強姦事件で警察の対応が遅いと批判を集めている。
 

5月に保育園で3歳の女児が強姦された事件に対し、警察の説明を要求するため、デモ隊はヤンゴンで抗議行動を行なった。
 

6日、抗議者数千人がヤンゴンの警察署前でデモ行進を行い、全国的に衝撃を与えた女児強姦事件に対する迅速かつ明確な裁きを求めた。
 

警察は今週、5月に首都ネピドーの保育園で女児を強姦したとしてで容疑者を逮捕したと述べた。
 

ネットでは、少女の家族が1ヶ月以上も前に被害を訴えていたにも関わらず、警察の対応の遅さとプロ意識を疑問視し、数十年にわたる軍事政権の支配から解放された当局への信頼の欠如が露呈した。
 

ノーベル平和賞を受賞したアウンサンスーチー氏が率いる政府は、2015年の選挙を終えて権力を握ったが、警察などの主要機関は依然として軍事支配下にあり、司法強化は失敗している。
 

関係者は、ヤンゴンの国家贅察犯罪捜査局(CID)に白いTシャツを着た6000人もの抗議者が集まったと推定している。
 

抗議行動主催者であるAung Htike Minさん(33歳)は、「我々は人々が納得できる説明と子供のための正義執行を求めている」と述べた。
 

同抗議者たちは、ミャンマーの子供たちに安全な環境を提供できるよう政府に求めた。
 

同警察署のAung Naing Thu副局長は、Facebookで生放送された記者会見で、警察が容疑者である保育園の運転手に訴訟を起こしたと何千人もの人々に報告した。
 

徹底的な調査が行われたが、薬から回復するのを待ち3歳の女児である被害者と話しを行なっため、加害者の特定が遅れたという。
 

同氏は「我々は子供の証言と議事録に基づいて容疑者に対し訴訟を起こした」と語った。
 

同氏によると、保育園は正式な運営許可証を所有していなかったため閉鎖されているという。
 

抗議者は、警察によって発表された説明に対し懐疑的だったという。
 

同氏の妻と2歳の娘と一緒に抗議に参加したYe Myint Winさん(37歳)は、子どもの強姦事件をもっと真剣に考えるべきだと語った。
 

同氏は「国家贅察犯罪捜査局の捜査を非常に疑っており、信用していない」と述べた。
 

出典:Bangokok Post

 

関連記事

POSTE LINE