ヤンゴン市開発委員会、ホテルの撤去を通告

社会 社会 2019年07月04日


ヤンゴン市開発委員会、ホテルの撤去を通告

ヤンゴン市開発委員会は、Jade Hotel、Chan Myae Hotel、High Five Hotel、High Star Hotelに対し、ヤンゴン地区-北オッカラパ郡区のShwe Hlay川に建築している別館を撤去するよう通告を行なった。

 

6月18日、ヤンゴン市長のU Maung Maung Soe氏は「ホテルが規定の期間内に撤去しなかった場合、必要措置を実行する」と述べた。
 

同氏は「2019年2月26日までに、小川付近に建築許可を得ていない建物を撤去するようホテルに通告を行なった。所有者が従わない場合、我々は既存の自治体法の下、措置を実行する。既にほとんどの建物は撤去済みだ。」と述べた。
 

北オッカラパ郡区の選挙区2のU Myint Lwin議員は、ホテルが小川に建築許可を得ているかどうか、周辺地域での排水問題に対してどのような対処を取ることができるのか議会に確認した。
 

同氏は「ホテル側は、小川に侵入しているすべての建物を撤去し、駐車場と発電機を移転するため、町役場で誓約書に署名した」と述べた。 
 

同氏は「米、竹、ニパヤシの葉を運搬している船はミンガラドン郡区から6メートル幅の水域を通過できるが、ノースオカラパ郡区のWard (D) のホテル建設により小川が1.5メートルに狭められた」続けた。
 

同氏は「小川の縮小によって上流からの水域が狭まったため、同区域では洪水が頻繁に発生する」と付け加えた。
 

ホテルが小川の一部を占めているということは事実であり、コンクリートは駐車場用に敷設され、発電機は同地域で使用され傾斜地が建設されている。
 

同氏は、バックホーローダーや掘削機が排水改善を行うため小川に近くのが困難だと述べた。
 

Shwe Hlay川は、マヤンゴン、ミンガラドン、北オッカラパの各郡区を通りNga Moe Yeik川をつなぐ主要水路であるため、同郡区の排水システムは重要だ。
 

同市長によると、小川の長さは1417メートル、幅は鉄道Hpaung Taw Oo- Thudhama Roadまでの300メートルだ。ホテルは小川に沿って約243メートルに及び約3メートル縮小するという。
 

Thudhama Road-Nga Moe Yeik川までの長さは643メートルだ。
 

出典:MYANMARTIMES

 

関連記事

POSTE LINE