サッカー長谷部誠、「ロヒンギャ難民キャンプ訪問」ユニセフ写真展を東京で開催

イベント イベント 2019年12月02日 00時00分 公開


サッカー長谷部誠、「ロヒンギャ難民キャンプ訪問」ユニセフ写真展を東京で開催

<写真:日本ユニセフ協会_2019_tetsuya.tsuji>

 

日本ユニセフ協会が発表したプレスリリースによると、2020年1月31日(金)まで東京都港区のユニセフハウスにて、ユニセフ写真展『長谷部誠大使 ロヒンギャ難民キャンプ訪問~未来を切り拓くために~』を開催しているという。

 

元サッカー日本代表MFで、日本ユニセフ協会大使を務める長谷部誠氏は2019年6月、世界最大級といわれるバングラデシュのロヒンギャ難民キャンプを訪問した。

写真展では長谷部氏が目にした難民キャンプの現状と、将来に大きな不安を抱えながら生きる人々の姿をパネルや動画で紹介しているという。

 

2017年8月、ミャンマーで発生した武力衝突の影響で、74万人もの人々が、道なき道を歩き、川を渡り、国境を越え、新たに隣国バングラデシュに避難していた。

 

医療施設や食料、水、電気もない劣悪な環境の難民キャンプで苦しむ難民の様子は世界を愕然とさせた。

 

それから2年が経ち、整備が進み、表面的には落ち着きをみせる難民キャンプで、ユニセフをはじめとする支援団体とバングラデシュ政府は現在、子どもたち、若者たちの将来を支える教育や職業訓練など、奪われることのない技術や知識の習得の支援を行っている。

 

長谷部氏の訪問で、日本でも忘れられかけている世界最大級の人道危機への関心が高まることが期待されている。

 

ユニセフ写真展詳細情報

  • 日時:11月6日(水)~2020年1月31日(金)
  • 場所:ユニセフハウス1F展示スペース
  • 住所:東京都港区高輪4-6-12
  • アクセス:JR品川駅西口(高輪口)より徒歩約7分、都営浅草線高輪台駅より徒歩約7分
  • 開館日・時間
    平日:午前10時〜午後5時
    第2・4土曜日:午前10時〜午後5時
    ※但し、上記が祝日にあたる場合は閉館
  • 詳細情報:https://www.unicef.or.jp/osirase/back2019/1903_27.html

 

出典:prtimes.jp

 

関連記事

[© poste-mm.com 2018-2020 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
POSTE LINE