総合格闘技長谷川賢、Aung Laとの再戦望む

エンタメ エンタメ 2019年03月29日 00時00分 公開


総合格闘技長谷川賢、Aung Laとの再戦望む

<長谷川賢選手のキックがAung La N Sang選手の左頬を捉えた様子>

 

昨年のONEミドル級世界選手権で、「ビルマの毒蛇」と呼ばれるAung La N Sang選手と長谷川賢選手のタイトルをかけた壮絶な試合には誰もが息を呑んだ。

 

2018年6月28日、ヤンゴンのThuwunnaスタジアムで開催された「Spirit of a Warrior」で両者は対戦し、大勢の観衆の前で記憶に残る一戦となった。

 

両者一歩もゆずらず、Aung La選手は長谷川賢選手に第5Rで勝利することができたものの、地元の英雄にとっても不安が拭えない試合内容となった。

 

この試合は「ベストオブイヤー」賞を受賞したほか、ONEの試合トップ100の中でも1位となっている。

 

今年の3月31日、両者は再戦をすることが決定し、ファンやメディアの期待が高まっている。

 

今回の試合は長谷川賢選手の本拠地である東京で行われ、長谷川選手は勝利のみを見据えているという。

 

 

onefc.comの取材に対し、「これまで連敗をしたことがないので、今回敗北することはないだろう。今回はベストオブイヤー賞を勝ち取るだけでなく、勝者となる。日本の総合格闘技で勝利し、発展に寄与するつもりだ」と長谷川賢選手は述べた。

 

2人の選手の再戦は、両者にとって特別な機会となるだろう。Aung La選手にとっては、ミャンマー国外で行う初の防衛戦であり、長谷川賢選手にとっては母国での初のONEワールドタイトルマッチとなる。

 

両選手にとって今回のプレッシャーは計り知れないものであるほか、長谷川賢選手は今回はメディアの注目も集めることとなると認識しているという。

 

Aung La選手に関しては、メディアの視線を浴びながら試合を行うことになり、どのように試合を運び、タイトルを防衛するかについて注目が集まっている(A New Eraより)

 

「今回は必ず勝利する。今回の試合では敗北することはないだろう。プレッシャーはあるが、正面からAung La N Sang選手に挑む」と長谷川賢選手は述べた。

 

「前回の試合がAung La選手の母国で行われたのと同様に、母国、日本で試合が開催されることに胸を高鳴らせている。ONEチャンピオンシップが東京で開催されることに感謝している。ONEは組織よりも、選手個人を尊重してくれる。今回の大きな試合が日本でできることが何よりも大きなモチベーションとなる」と長谷川賢選手は述べたという。

 

長谷川賢選手がONEミドル選手権のタイトルを取ることを確信しているように、ミャンマー人ファンもAung La選手がチャンピオンの座を防衛することを確信しているという。今回の試合は見逃せない一戦だ。

 

 

出典:mmtimes.com

 

 

[© poste-mm.com 2018-2022 All Rights Reserved.]
※ポステオリジナルニュースは各ニュースソースを参考に編集・制作しています。
POSTE LINE